アトピーとマラセチア菌

アトピーとマラセチア菌

アトピー性皮膚炎の発症要因は様々ですが、類似した皮膚炎もあります。ここでは代表的な皮膚炎でもあるマラセチア菌皮膚炎についてまとめます。

 

 

マラセチア菌について

 

白癬菌・カンジダ・アスペルギス等、一般的にカビといわれる真菌には様々な種類があり、マラセチア菌もその1種です。

 

このマラセチア菌は人間の皮膚に存在する常在菌であり、人間の皮脂を栄養としています。

 

 

あ

 

 

皮脂分泌量の増加に伴い、マラセチア菌による皮膚炎症を引き起こすことがあり、夏場の高気温や高湿度によって皮脂分泌量が増加する時等、注意が必要です。

 

また真菌は日和見感染傾向もみられ、免疫力低下に伴い発症する可能性があります。頭皮等の新陳代謝(ターンオーバー)の異常により、痒みや頭皮剥離、フケ、頭皮乾燥やべたつき等の症状がみられ、脂漏性皮膚炎といわれます。

 

 

また背中・肩・二の腕・胸部等に、赤みを持つニキビのようなブツブツができることもあり、マラセチア毛包炎といいます。

 

 

 

アトピー性皮膚炎とは

 

アレルゲン(抗原)により皮膚に炎症を起こす疾患を、アトピー性皮膚炎といいます。

 

 

世界アレルギー機構(WAO)の定義で、主にタンパク質のアレルゲンによってIgE(免疫グロブリン)抗体が血液中に生産されることされており、IgE検査によってその傾向を証明することで初めてアトピー性皮膚炎と特定される、となっております。

 

 

他アレルギー疾患と比較し遺伝率は高く、乳幼児期にアトピー素因の有無も含め、検査を行う必要があるといえます。

 

 

関連記事:アトピー性皮膚炎とアレルギー

 

 

また遺伝性要因での発症の他、後天性要因が考えられます。

 

 

後天性要因としてアレルゲン(抗原)に過剰反応し発症することが考えられ、主に食物、動植物等の生物や花粉、化学物質、金属類、薬品、日光等様々なものがアレルゲン(抗原)として挙げられます。

 

 

アトピー性皮膚炎悪化の最大要因である痒みにより、掻くことで更に皮膚を傷つけます。掻くことによりバリアー機能異常は更に加速、水分喪失防止ができなくなり乾燥を招きます。

 

 

あ

 

 

このことで、免疫反応の過剰反応により痒み物質であるヒスタミン等が過大分泌され更に痒みが増加、症状悪化という悪循環に陥ります。

 

 

また発症する部位は皮脂分泌量の少ない場所が多く、肘や膝関節裏等にみられます。

 

マラセチア菌による皮膚炎は皮脂分泌量が多い部位での発症がみられ、皮脂分泌量の少ない部位での発症が多いアトピー性皮膚炎との違いは明らかです。

 

アトピー性皮膚炎は増悪する痒みと炎症や皮膚乾燥があり、良化したり悪化したりのサイクルを繰り返すことが特徴としてあります。

 

マラセチア菌による皮膚炎は赤みを持ち瘡蓋がみられる、そして痒みは少ないことがアトピー性皮膚炎との大きな違いです。

 

 

男性の発症が多いのは類似していますが、発症比率も違います。アトピー性皮膚炎の発症率は66%が1歳まで、90%が6歳までとされているのに対し、マラセチア菌の発症年齢は高年齢であることがわかっています。

 

しかし近年において、アトピー性皮膚炎患者の汗より通常値より多いマラセチア菌の検出が報告されています。この類似した皮膚炎は混合型となる可能性もあります。

 

 

 

類似する皮膚炎のそれぞれの対処法

 

どちらも日常生活において適度な清潔を保つ、ということは一致しています。

 

大まかにそれぞれの対処法をまとめます。

 

アトピー性皮膚炎では皮膚のバリアー機能の正常化を保つ保湿が鍵となり保湿製剤の塗布に加え、ステロイド剤が有効とされています。

 

 

関連記事:みんなの肌潤糖でアトピーが劇的に改善→完治した過程

 

 

またアレルゲン(抗原)の特定や除去は改善への近道であり、血液検査のIgE抗体量検査は必須といえます。

 

 

あ

 

 

マラセチア菌による皮膚炎は、ストレス除去や良質な睡眠等、生活習慣の改善を主とし、抗生剤やステロイド剤、抗真菌剤が有効とされます。

 

食生活では脂っこいものを避けることも必要です。つまり、皮脂分泌量をコントロールし正常化することが鍵となるでしょう。。

 

 

こういった類似した皮膚炎は、医師による適切な診断と対処法が大切です。特に意思表示のできない乳幼児のアトピー性皮膚炎はより保護者の適切な受診と対応が重要であり、かかりつけ医を持つことも必要であるといえます。

 

 

関連記事:みんなの肌潤糖がアトピーを悪化させる?


 
トップページ みんなの肌潤糖口コミ アトピー完治まで 肌潤糖でアトピー悪化?!